今までのビジネスシューズでは小指が気になって...:名古屋の紳士靴店「Avanti (アバンティ)」、パタンオーダーもできます。

名古屋・栄の紳士靴店「Avanti (アバンティ)」のブログです

今までのビジネスシューズでは小指が気になって... (2010年11月25日)

<ファクトリーライン in Japan>

愛知県内のH様。
今まで購入されていた靴は、どうしても小指が当たり、履けないというお悩みがあったそうで。

今までのビジネスシューズの購入経験は、初めは大丈夫かなぁと思っていても、しばらくすると、小指が当たるのが気になり、履くのが嫌になり、下足箱の中から出す回数が減ったり。。。
また、柔らかいアッパーにすれば、当たりがきつくないから痛くないかと思い、購入すると、やはり初めはいいが、少し馴染むと、ゆるくなり、足が靴の中でスライドして、小指が当たって痛くなって、またまた、出番の少ない靴となって。。。
そんなお悩みを抱えていたH様が、インターネットで探してご来店下さいました。

【品番:408】 バルモラルプレーントゥ 
         カーフ ブラック   59,800円(税込)
         
408


まずは、足を拝見したところ、特段小指の箇所に特徴がありそうでもなく。
何はともあれ、まずは履いてみていただいて、ということで、
当店の靴をお履きいただいたところ、「全く問題がなく履けます」とビックリされた表情。(この表情は印象に残っています)
さらにさらに、一番の気になる点、小指付近のストレスも全く内ご様子。

何故? 
◎当店の靴の一番の特徴である、カカトが小さく、土踏まずのフィット感が抜群に良い。 しかし、小指付近は優しく包むという、まさに、日本人の足型にピッタリの木型を使っているからです。
こういった説明は勿論させていただきますが、『百聞は一見にしかず』ではなく、『百聞は、一履きにしかず』です。 

そして、もうひとつ、重要なポイントが足当たりの優しいカーフ。
この足当たりの優しいというのは、単に柔らかいとかコシがないというのとは全く別の意味合いです。 当たりが優しいのに、しっかりと足を包む、これが大事です
履いている内に、フニャフニャになってしまったビジネスシューズ、これはいただけません。足にストレスがあるだけでなく、 印象ダウンです。

横、斜めから見た表情です。
408 408 408

ご来店いただいた日は、ご希望のこのデザインでのサイズがなかったので、お作りすることとなりました。
そして、ヌバックのチャッカブーツにも目を止められ、こちらはサイズがあったので、お持ち帰りいただくことができました。

品番408が出来上がってきましたので、ご連絡をしてお引き取りに来ていただき、恒例の写真を一枚いただきました(が、すみません、 お手入れの話やら、何やらで話が長くなってしまい、お仕事の約束時間が迫ってしまったということで、ちょっと慌てて撮ってしまったため、小さくなってしまいました)
408